製品紹介-4: スクライバーカッター&心棒

焼結体ダイヤモンドスクライバー


こちらの製品は焼結体ダイヤモンド(スクライビング)カッターとも呼ばれています。
このダイヤモンドスクライバーと心棒は主にどのような用途で何に使用するのか?
Scriber (Cutter)という名前の通り、ワークへのスクライブ(浅い溝掘り)として使われています。

特に液晶ガラスやシリコンウエハー、セラミック等の脆性材料の切断時に用いられる場合が多いです。
※脆性材料は、切り欠けを入れる事によって容易に分断出来ます。
砥石による切断に比べると取りシロが無いに等しく、切り粉なども最小限に抑えられます。
切断の際も切削油や水を使用しないので、乾式の加工が可能になります。

シンテックではセラミック電子基板(LTCC)の切断をPCDによるスクライブ方式を提案し、実用化した実績があります。

ご要望に応じて、ダイヤモンドカッター用のホルダーや単結晶ダイヤモンドのスクライバーも製作しております。
・ホイールカッター、テンプカッター等

《 UFDカッター 》


当社オリジナルのUltimate Firm Diamondを使用したスクライバーもございます。
これは近年開発された特殊で非常に強固なダイヤモンドを用いたカッターです。
見た目は黄色く単結晶のようですが、内に秘めたる性能は全く異なります。
切れ味鋭く、減りは少なく、長距離スクライブを可能にしました。
このダイヤでのスクライバーは、他メーカーではまだ製作していないとお見受けします。

「百聞は一見にしかず」 もしご興味があれば現行品と比較して頂きたく
ご連絡お待ちしております。



スクライバーテンプカッター
ホルダー付き cutter2

焼結ダイヤモンド心棒



「焼結体ダイヤモンドピン」、もしくは単に「軸」とも呼ばれています。
この焼結ダイヤモンド心棒は、上記のダイヤモンドカッタースクライバーが回転する際に軸の役割をします。
カッターがダイヤモンドでできているため、心棒の部分に従来の超硬製のピンを用いると
どうしても磨耗が早まってしまいます。
このピン(心棒)をダイヤモンドカッターの素材と同じ焼結ダイヤモンド心棒にする事により、
磨耗による劣化及びピンの交換の頻度を軽減する事ができます。

心棒心棒-2

単結晶ダイヤモンド基板研磨



Plate-1
(100)、(111)面等の単結晶ダイヤモンド基板の表面の研磨・再研磨を行っています。
肉眼で確認する事は非常に難しいのですが、
通常、単結晶ダイヤモンド基板の表面には無数の傷が存在します。
ダイヤモンドを成長させる際に表面これらの傷があると、
安定した結果が見込めない場合が考えられます。

シンテックの研磨技術によりこれらの傷を無くす事で、
この単結晶ダイヤモンド基板上の成長により良い結果をもたらす事が可能となります。
上下端面の研磨だけではなく、側面の研磨も状況により対応できます。
研磨内容の詳細についてはご質問下さい。
綺麗な面で大事な研究に磨きをかけて下さい!


表面研磨前表面研磨後
基板研磨前基板研磨後

ダイヤモンドバイト


通常のダイヤモンドバイトから高精度な物まで製作しています。
もちろん他社でも市販品で数多くの種類が出回っている事は我々も承知しています。
失礼を承知で申し上げますと、どこのメーカーの品物も全てがお客様のニーズを吸い上げて
それを具現化できているかどうかは「疑問符」がつきます。

もちろん現行品に満足してお使いであれば我々が口を差し挟む余地はありません。
とは言ってもこれまでの経験上” BEST “のバイトをお使いの会社は希少です。
わずかな違いが大きな差を産む事もしばしばです。
より良いツールをお試しになるチャンスかも分かりません。

※画像は、幅が0.4mmのダイヤモンドエンドミルです。



bite1 bite2bite3
ダイヤモンドエンドミル上面からの画像刃先のSEM画像

単結晶ダイヤモンドエンドミル



下記①~⑧が代表的な先端形状となります。
※もちろんご要望により各箇所お好きなように変更する事は可能です。
加工内容をお伝え頂ければ、候補となるタイプをご提案しつつ最終的なモデルを詰められると思います。

お客様が望む加工を実現させるため、ツールはほぼカスタマイズに近いので、
形状によっては製作費がお客様の予想を上回る事もしばしばです。
しかしながら、そのツールが生涯産み出す利益は投資を補って余りある場合がほとんどです。
費用をかけた分だけリターンも大きくなるという、ビジネスモデルの見本のようです。

他では手に入らない逸品をこっそり手に入れて、更なる発展を目指して下さい。


endmill1
①直角コーナー②半径コーナー③先端フラット ④アンダーカット


endmill2
⑤先端一部R⑥先端フルR⑦逆R⑧総型





主な用途

  • マイクロレンズ材
  • 流体工学
  • 溝入れ加工
  • マーキング
  • プロファイル加工
  • スクライブ加工
  • 回析
  • ドリリング、部分旋削、面取り
  • 微細、鏡面切削
  • エンドミル先端
    シリコンウェハー石英(溝0.12mm)

    ダイヤモンド耐摩耗部品


    シンテックでは、通常の耐摩耗部品に使用される素材(超硬合金や焼入れ鋼等)での製作は勿論ですが、
    ダイヤモンドを『各種ノズル』や『ボンディングツール』、『摺動ツール』にご使用頂く事を積極的にご提案しています。
    耐磨耗部品による効果は、耐摩耗性の向上によりツールの交換に要する時間の削減や
    ツールの摩耗によるエラーを劇的に軽減する事が考えられ、結果として生産ラインに多大な貢献をもたらしています。

    例えば、ご使用中の部品の中で交換頻度が高い物はありませんか?
    その部品のほんの一部をダイヤモンドに変更するだけで、部品自体の寿命が飛躍的に延びます。
    「ダイヤ? どうせ高いんでしょ? ウチにはもったいないよ」 ご提案をすると、始めはこんな声をよく聞きます。
    でも・・・値段が2倍、3倍、4倍になった所で、寿命が5倍、10倍、20倍になるば話は違いますよね?
    部品自体の値段のみならず、交換する機会が減る事は機械の稼働率が上がる事を意味します。

    テスト品からの対応も可能な場合もございますので、もしご興味を持たれた方は、まずは一度ご相談下さい。
    大して期待せずに依頼をされて、結果を見て驚く顔がまた一つ増えるのを楽しみにしています。

    耐摩耗部品-1耐摩耗部品-2


    3. 超高圧実験機器へ |  5. 微細穴加工へ